睡眠の重要性~朝怠い時あるくね?なんで?~

こんぬつは、magoPです。

当たり前ですが、基本的には皆さん毎日寝てますよね。

でも、

寝起きがスッキリしてたり、

まだ寝足りない…。

って波がある事ないですか?

それはなぜなのか、を今回はテーマにしていきたいと思います。

目次【睡眠の重要性】

レム睡眠とノンレム睡眠

皆さんレム睡眠、ノンレム睡眠という言葉知っていますか?

聞いたことくらいはあるかもしれませんね。

ざっくり分けると、

※レム睡眠は眠っていても眼球が動いている浅い眠りの状態

ノンレム睡眠は、眼球が動かず深い眠り状態のこと。

(※ちなみに、REM=rapid eyes mouvingの略です。)

眠りにおちてすぐに深い眠りのノンレム睡眠になり、次に浅い眠りのレム睡眠になります。私たちは、だいたい90分でノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返しています。

 

© Japan Medical Association.

どんくらい寝るべき?

個人差があるので一概には言えませんが、ノンレム睡眠(90分)とレム睡眠(90分)のサイクルを4回、つまり約6時間の睡眠で十分といわれています。また、脳は眠りはじめの3時間で必要な休息のほとんどをとるので、3時間でよいという人もいます。

眠りにつきやすい環境を整える努力をする。

先ほどは、睡眠の時間について述べてきましたが、それだけでは睡眠の質は確保されません。

ずっと線路の隣で寝てたら寝るに寝れないですもんね。笑

そんな極端な状況はないにしても、自分の睡眠の妨げになるものを出来るだけシャットアウトするようにしましょう。

明かりが苦手なのか、音が苦手なのか、それとも温度なのか。

個人差は必ず出ると思うので、自分がどんな環境が最も快適に眠れるかを知ることも重要です。

それを知って、自分の睡眠に合った環境を整えていきましょう。

また、身体的なコンディションを整えることも睡眠にとって大切です。温かいミルクを寝る前に飲んでみるなど、効果的かもしれませんね。

おわりに

以上睡眠の重要性についてでした。

朝の時間って本当に重要なので、寝起きの良しあしって時間にも影響してくるんですよね。

なので、どうせならすっきり目覚めてアクティブに行動したいですからね。

その為のヒントを出しておきます。

レム睡眠のときに目覚めるようにしましょう!目覚まし時計をかけるときには、その日の体調を考えながら、3時間+90分、180分、270分…をめやすにするとよいでしょう。

(ちなみにmagoPは寝つきが良い方ではないので、眠りにつく時間を一時間+して7時間睡眠してます。)

 

 

より良い人生を目指して。

 

magoP

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です