モテ要素の一つ~自信のつけ方~

こんばんは、magoPです。

以前に、モテ要素のうちの一つに

「自信」というものがありましたね。

自信を持てと言われても、

自信のつけ方は誰も教えてくれない…。

そしたら、自信ってどうやってつけるんだ?って思いますよね。

本日は、自信のつけ方について解説します。

目次【自身のつけ方】

 

自信とは

自信とは、

「自分の価値と能力を信じる事。」

「自分なら大丈夫だ。」と確信を持った直後に自信が生まれ、

多くの課題にトライさせてくれます。

 

もし自信が無ければ、思い人にアタックすることも、

受験に成功することも、喧嘩で勝負するどころか、

土俵にすらあがることができません。

 

そう、行動の源は「自信」なのです。

この自信は、3つの要素から成り立っています。

 

1.最高の自分を想像する。

自信をつけたいのであれば、何か大きな挑戦の前に、

やり遂げた自分の姿をイメージしてください。

好きな子をゲットしたいのであれば、

デートに上手く誘い出して、お持ち帰りする自分をイメージ。

そして、その延長上のことをイメージするのです。

元カレだって同じ人間なんですから、(※元カレが居たかどうかは不明ですが。笑)

「俺だってゲットできるくね?大丈夫だ、問題ない。寧ろ俺のが元カレよりいけてる。」

そう思うことで、自信が沸き上がってきます。

僕の好きな言葉はこれです。

 

イ メ ー ジ す る の は 、 常 に 最 強 の 自 分 だ 。

(fate/アーチャー)

 

 

2.努力で結果を捻じ曲げる。

自分の能力は初めから決まっていると思っていますか?

それとも、トレーニングを積むことで強くなれると思いますか?

先天的なもの、つまり自分では何も変えようがないと思うのであれば、

自信もなくなり、行動力が失われてしまいます。

 

でも、自分の努力でいくらでもカバーできる。

「筋肉隆々の男が好き?だったら毎日ジムに行ってバッキバキにしてやんよ。もうもってもて。」

と本気で思えれば、自信が湧いてきます。

 

思い込みのマインドが非常に大切です。

自分自身を洗脳してください。

絶対に出来る、と。

 

3.挫折の数

誰にでも挫折ってありますよね。

かの米国大統領リンカーンを具体例として挙げてみましょうか。

  • 小学校に9ヶ月間しか通えなかった。
  • 9歳で母が死亡、19歳で姉が死亡。26歳で婚約者が死亡。
  • 雑貨店を経営するが倒産し、借金の返済に17年間の月日を費やす。
  • 政治家の道を志すが、生涯において7回も選挙で落選。
  • 40歳の時に長男が、53歳の時に三男が死亡。

19世紀前半に活躍した人物ですが、現代においても「最も偉大な大統領」の1人として名前が挙げられています。

リンカーンが語った「Government of the people,by the people,for the people(人民の、人民による、人民のための政治)」は、日本の教科書にも登場しているほど。

苦難の連続でも挫折しなかった闘志、まさしく「英雄」という称号がピッタリの男です。

カッコよすぎる。

 

リンカーンの言葉に、こんなものがあります。

君の決心が本当に固いものなら、もうすでに希望の半分は実現している。夢を実現させるのだという強い決意こそが、何にもまして重要であることを 決して忘れてはならない。

 

挫折を繰り返すほど、

「あの時の挫折に比べれば、こんなん屁のつっぱりにもならんぜお」

と思える日が必ず来ます。

失敗から多くの事を学び、新しい作戦を考え、歩みを止めないでください。

 

以上の3つが自信を形成する要素です。

 

<まとめ>

何かにトライする前に、成功している自分を想像する。

そして、今の自分とその自分の距離がどんなに遠くても、

自分の努力で必ず突破できると信じる。

そして、挫折から何度も立ち上がり成長した時、

本物の自信が身につきます

出来るだけ早くに、最高の自信(挑戦と挫折)を手にしましょう。

 

 

より良い人生を目指して。

 

 

magoP

Follow me!

モテ要素の一つ~自信のつけ方~” に対して1件のコメントがあります。

  1. ピンバック: モテる | magoP's blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です