なんで薪を燃やすとススが出るの?~バーナーではつかないのに!~

こんぬつは、magoPです。

キャンプをしていて焚火は必ずしたくなりますよね。

焚火を見ていると、心も落ち着いてきます。

暖も取れて、湯も沸かせて料理も出来て一石二鳥。

しかし、薪を燃やすとやつが現れるんです。

そうです、煤(スス)が。

まぁ後で洗い落とすのに服とか手が真っ黒になって大変ですよね。

今回は、そんな「煤が発生する原因、煤がついてしまった後の対処法」について書いていきたいと思います。

 

 

目次【掃除の天敵ススはどうやって現れる?】

煤が発生する理由とは。

すす(煤)は、有機物不完全燃焼を起こして生じる炭素微粒子や、建築物天井などに溜まるきめの細かいのこと。

概ね過去の生活様式となったが、室内の照明油脂ロウソクを使用したり、暖房囲炉裏暖炉を使うことで、すすが室内に溜まるのが日常であった。今でもこうした照明を用いる寺院教会では、すすが発生している。また、燃焼に伴う中の微粒子だけに限らず、室内に溜まる細かな粒子状の汚れを指してすすと呼ぶことがある。

すすの実体は詳しくは解明されていない。すすは物質としては黒鉛に近いが、薄膜状にならず、微細な粒子が多数寄り集まって構成されているのが判っている。

なお、すすは炭素を主成分とする顔料でもあり(にかわ)とともに製墨原料となる

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

そう、不完全燃焼が原因なんですね。

厄介ですよね、本当に…。

ですが、バーナーを使うと煤が出ません。

なぜなんでしょうか…?

バーナーを使うとなぜ煤が出ない?

結論から言ってしまうと、完全燃焼しているからでしょうね。

市販のものであれば、ほぼほぼ完璧な加熱器具として商品化されているわけですし、燃焼効率も最大値に近い出来なのでしょう。

手っ取り早さや手軽さでは圧倒的にガスバーナーの類の方が圧勝です。

しかし、バーナーは手ごろとは言え、焚火がキャンプの醍醐味の一つでもある…。

なので、焚火でいろいろしたいとなると煤との闘いはつきもの。

それを解決する手段をご紹介します。

煤を簡単に落とす裏ワザ

煤が一度ついてしまうと落とすのが大変…。

しかしそれを簡単に落とす方法があるんですね。

その方法とは、クッカーの外側全体にあるものを塗るんです。

アウトドア用語ではコーティングとも呼ぶらしいです。

その方法は以下の4つがあげられます。

  1. 鍋の外にクレンザーを一塗りする
  2. 食器用洗剤をクッカーの外側に塗る
  3. 固形石鹸をつける
  4. 土・泥に水を混ぜたものを塗り付ける

どれもそんなに手間のかかる作業ではありませんので、是非試してみてください。

1~3は洗い場があるキャンプ場で簡単に煤を落とせますし、設備の整っていないようなところでは4を実践しましょう。

個人的には4が一番ワイルドで好きですね。

(効果は無論1~3の方が強力です。)

それでも煤まみれになってしまった場合。

コーティング不足や、あらかじめクッカーに対策していない場合は煤まみれになってしまうため、

後から煤を掃除しなければなりませんね。

そんな時には以下の方法を試してください。

  1. 重曹と酢で磨く
  2. アルコールで磨く
  3. スチールウールで磨く

1の注意点としては、アルミ鍋の場合は酢のみを使用してくださいね。

重曹を用いるとくろずみの原因になってしまいます故…。

また、3の注意点としては磨かれる対象の素材に気を遣うことです。

特にテフロン加工等されているものを使用する際は、コーティングをはがしてしまわない力加減で使用することが大切です。

おわりに

以上、煤はなぜ起こるのか、煤対策はどうすべきなのかを書いていきました。

キャンプは焚火に始まって焚火で終わるものです。

(好きだという意味です。爆)

となれば、必ず煤とは向き合っていかねばなりません。

賢く煤を寄せ付けないようにして、簡単に除去していきましょう。

これであなたも煤の除去で筋肉痛になることもありませんネ。笑

 

 

より良い人生を目指して。

 

magoP

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です