【閲覧注意】川や海遊びは肌がナイーブになっております。

こんぬつは、magoPです。

暑い季節になってくると、どんなに歳を重ねようとも水の中に飛び込みたくなるものです。(magoPだけ…!!?)

しかし、水遊びは気を付けないととんでもない事故を招きかねません。

今回はそんな水遊びにおける注意喚起をテーマにしたいと思います。

(※途中閲覧注意画像が現れます。ショッキングな映像が苦手な方は閉じる事をオススメいたします。)

 

 

目次【水遊びにおける注意点】

 

自分は泳げる、という思い込みは捨てる。

泳ぎに自信のある方ほど、水難事故に遭遇する危険性が高いと思われます。どんなに泳ぎの自信のある方でも、川遊びをする際や海に入る時は必ずライフジャケットを着用するようにしてください。

ライフジャケット

見た目がダサくてカッコ悪いから着たくない、とかそんな事はどうだっていいんです。命に代えられるものなどあるでしょうか。

magoPはジェットスキー時に湖に放り出された事がありますが、ライフジャケットを着ていなかったら…と思うとぞっとします。何より深い場所で浮遊している際は、足が付かないという事が何よりも怖かったです。

こういった類のものはそんなに高価なわけではありませんので、人数分の準備をして、水難事故に備えるようにしてください。

それと、砂利などで足の裏をケガする可能性もあるので、必ず水中用の靴を着用するようにしましょう。ラフに遊ぶのであればクロックス程度のものでも問題はありません。

水に長時間浸かっていると、簡単に足は切れます。

 

長時間水につかっていると、肌がナイーブになる件。

川遊びをしてなくても、お風呂とかに長時間入っていると手の皮がふやけてブヨブヨになったことありませんか?あの現象は、自分の細胞内の濃度が外の水分よりも高い為に、皮膚内の細胞に水が入ってきてしまうんですよね。そうなると、皮膚の表面が弱くなってしまいます。

皮膚が弱っている際は、些細な事でケガをする原因になってしまうことがままあります。ですから、十分に体の動かし方には気を付けるようにしてください。

magoPも2時間くらい川で遊んでいた時のことでしょうか。

水の中で浮いていると、脳が体は軽いと勘違いしてしまうのか、思いきり体を水中から這い出ようとしたことがあるんです。その際足が岩に少し引っかかってしまいました。

そしたらば…。

脛毛の方が閲覧注意なのでは…?

気が付けば血がポタポタ垂れていました。もうね、超ビビった。どんなけ出てくんのwwwと思いながら、水で洗い流してみたら全然傷は浅かったです。

先ほども述べた通り、本当にかすった程度でこれくらいの傷がついてしまいます。皮膚が弱っている際は、十分に気を付けるようにしてください。

男ならまだしも、女性の場合は傷跡残っちゃいますからね…。

おわりに

以上、水遊びをする上での注意点でした。

夏にかけて川遊びのシーンは増えると思いますが、自分の泳ぐ力を過信せずに万全の態勢を整えてから遊ぶようにしてください。念には念を入れるようにしましょう。

また、体力の限界まで泳ぎ続けたりすることは避け、適度に休憩をはさみながら遊ぶようにしましょう。あるいは、泥酔をしている時なんかは絶対に水場の近くにはいかないようにしましょう。

せっかくレジャーで楽しんできているのに、万が一の事故が起こってしまっては台無しです。それどころか、命の危険さえもあります。となればレジャーどころではなくなってしまいます。

水遊びは楽しいものですが、今一度危険性を認再識したうえで、万全の準備を整えた上で励むようにしましょうね。

誰にも悲しい思いはしてほしくないですからね。

それでは。

 

より良い人生を目指して。

 

magoP

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です